その他の環境課題への対応

化学物質等の適正管理

基本姿勢

さまざまな化学物質を取り扱う製薬企業において、これらを適正に管理することは重要な社会的使命です。日本新薬では、「化学物質等の管理に関する基本規程」のもと、「化学物質等管理委員会」を設置して、全社全部門における化学物質の適正管理に向けた方針を明確化しています。また、化学物質に関連した法規制のチェックを包括的・網羅的に行うことができるITシステムにより、社内で取り扱うすべての化学物質を最新の法令に従って、適切に管理する体制を構築しています。加えて、労働安全衛生の観点から、化学物質を含めた職場のリスクアセスメントを実施し、安全な職場づくりを目指しています。

PRTR法に基づく管理

化学物質排出管理促進法のPRTR制度に基づく第一種指定化学物質の年間取扱量が1トン以上の事業所では、その化学物質の届け出が義務付けられています。本社地区ではアセトニトリル、ノルマル-ヘキサン、ジクロロメタンが、東部創薬研究所ではジクロロメタンが該当し、いずれも適正に管理している旨の届出をしています。
また、2017年7月に完成した小田原総合製剤工場の高生理活性固形製剤棟では、外部に高活性物質が漏洩しないよう設備による封じ込め(1次)、気流や室圧による封じ込め(2次)、建物による封じ込め(3次)など最新の機能を備えることにより、安全、品質、環境に最大限配慮しています。

  • ※特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理改善の促進に関する法律

PRTR制度に基づく第一種指定化学物質の取扱量

環境コミュニケーション

地域における環境活動への参加

地域のさまざまな環境活動に参加・協力しているほか、環境関連の寄付や出前授業なども実施しています。

清掃ボランティア

本社地区、小田原総合製剤工場、東部創薬研究所などで、美しい街づくりに貢献するため、清掃活動を実施しています。

寄付

金属くず、雑紙類の売却代を「日本新薬きらきら未来こども募金」への寄付をはじめ、環境関連の寄付を実施しています。

出前授業

京都商工会議所と連携し、2008年以降延べ30校に実施しています。

出前授業

山科植物資料館見学会

一般向け見学会や薬剤師研修セミナーなど1,600名をこえる方に来館いただいています。

山科植物資料館見学会