地域・社会の発展のために

未来を担う子どもたちとともに

日本新薬こども文学賞

「日本新薬こども文学賞」は、絵本を通じて子どもたちの“ゆめ”を彩り、健やかな“こころ”の成長を見守りたいとの願いから、当社創立90周年にあたる2009年に創設しました。日本児童文芸家協会の後援を受けて、物語と絵画の2部門で広く作品を募集し、選ばれた両部門の最優秀作品で絵本を制作します。絵本は、全国の小児科医院などの医療機関や公共施設などを通じて、広く子どもたちのもとに届けられるほか、Webサイトでも閲覧が可能です。

日本新薬きらきら未来こどもチャンネル

「日本新薬きらきら未来こどもチャンネル」をYouTubeで開設し、日本新薬こども文学賞で制作した絵本作品の読み聞かせ動画を配信しています。
新型コロナウイルスによる外出自粛の状況が続くなか、少しでも多くの子どもたちに夢や感動が届くことを願っています。

きらきら未来こどもチャンネル

はしる図書館 日本新薬きらきら未来ゴー!

ワクワクする読書体験を子どもたちへ運ぶ、「はしる図書館日本新薬きらきら未来ゴー!」は、当社創立100周年記念事業の一環として2019年に活動を開始しました。車内には、「日本新薬こども文学賞」で制作した絵本や図鑑、ユニバーサルデザインブック(点字や聞く絵本)など約1,000冊の図書とデジタルブックを搭載し、小学校や特別支援学校を社員ボランティアとともに訪問しています。
当社では、今後もさまざまな本に触れる機会を子どもたちへ提供することで、体の健康のみならず、心の健康にも貢献していきたいと考えています。

日本新薬×黒田征太郎
笑顔のアートプロジェクト

2013年3月、イラストレーターの黒田征太郎氏をリーダーに日本各地を訪問し、地域の人々が力を寄せ合って病院や介護施設などの壁に絵を描く「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」全国キャラバンを開始しました。
「日本新薬×黒田征太郎 笑顔のアートプロジェクト」では、医師と患者、高齢者、子ども、学生などさまざまな人達が一緒に絵を描くことで絆を深め、笑顔になる活動を目指しています。

京都まなびの街生き方探究館への参画

「京都まなびの街生き方探究館」は、生き方探究教育推進のための体験学習の提供を目的に京都市教育委員会が行う事業です。その活動の一つである、京都のモノづくり企業の創業者・科学者等の努力や情熱が紹介・展示されている「京都モノづくりの殿堂」において、日本新薬は、日常生活と密接につながる技術・製品等を有する京都企業として展示を行い、京都市内の小学生に見学いただいています。

研究所見学会

京都本社地区にある創薬研究所とつくば市にある東部創薬研究所にて、近隣の中学生から高校生・大学生を対象とした研究所見学を実施しています。
見学会では、社会における製薬会社の使命や新薬創製に向けた研究開発活動などについて、見学者に合わせてわかりやすく紹介しています。

本社創薬研究所 西京高校附属中学ほか、中学生、
大学生、社会人を対象に実施
東部創薬研究所 土浦第一高校など近隣の学生を対象に実施

疾患啓発活動

Webサイトによる啓発活動

日本新薬では、健康に関するお悩みの解決に役立つ情報を、Webサイトを通じて提供しています。
2017年に開設した「肺高血圧症治療サポート」では肺高血圧症の疾患、治療の解説、医療費や制度などの紹介および専門医からの動画配信を実施し、より肺高血圧症への理解を深めていただける情報を提供しています。
また、「EDケアサポート」では、ED(Erectile Dysfunction:勃起不全)の相談ができる医療機関を紹介するとともに、EDにまつわる誤解を解き、受診への心理的抵抗を和らげるよう努めています。ED治療薬の偽造品に関わる情報提供・注意喚起も行っています。
このほか、アルコール依存症の紹介・断酒成功の体験記などを掲載した「アルコール依存症治療ナビ」、子宮内膜症・月経困難症の早期受診を促す「おしえて☆生理痛」などのWebサイトを運営しています。
また、患者さんの服薬管理や症状の記録、医療者とのコミュニケーションなどにお役立ていただくスマートフォンアプリである『ルナベル服薬日記』や『PAHケアノート』も提供しています。

レア・ディジーズ・デイ( Rare Disease Day )への参画

日本新薬は、2月最終日の「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日)」に合わせて、難病・希少疾患への理解を深める活動を実施しています。

難病をテーマに、専門医との対談や学生と専門医との座談会を実施し、その内容を新聞紙面で紹介しています。

市民公開講座

日本新薬では、さまざまな領域の健康トラブルについて公開講座を行っています。専門医による病気の予防や治療に対するわかりやすい解説を聞くことができます。

WEB市民公開講座

2021年3月20日(土)に「知っておきたい 子どもにみられる筋肉の病気 ~大人が支える子どもの現在と未来~ 」と題して、WEB市民公開講座を開催しました。

メディアセミナー

業界の最新情報やわかりづらい専門的な知識を伝えるために、有識者や専門医を招いて行うメディア向けの勉強会です。 疾患に関する詳細情報を理解いただき紹介されることにより、一般の方に向けた啓発活動につなげています。

公募研究助成

日本新薬創立100周年事業として、企業活動関連の医学・薬学領域のサイエンス発展への貢献を目的とした「日本新薬株式会社 公募研究助成」制度を開始しました。本制度では、若手研究者を支援するために研究テーマを募集し助成を行うことを旨としています。
3回目の実施となる2021年度は、2疾患領域(造血器腫瘍、筋ジストロフィーを中心とする遺伝性筋疾患)の基礎研究について募集を行い、外部審査委員による厳正なる審査の結果、造血器腫瘍領域6件、筋ジストロフィーを中心とする遺伝性筋疾患領域4件の助成対象研究を決定しました。

京都文化への貢献

染色画カレンダー

日本新薬では、半世紀以上にわたり、京都の伝統的な技法「型絵染」による染色画作品でカレンダーを毎年制作し、京都の四季折々の風景や風物、歴史ある行事などを紹介しています。

「亰」の発刊

年4回の季刊誌として社外広報誌「亰」を発行し、京都が誇る寺院、神社などの文化財から京料理、名産品に至るまで、幅広い切り口で奥深い京都の魅力を紹介しています。

フタバアオイの育成・奉納:「葵祭」(京都府 上賀茂神社)

日本新薬は、一般社団法人「葵プロジェクト」を通じ、毎年5月に京都で行われる葵祭において使用されるフタバアオイを育成・奉納しています。

詳しくはこちら >

スポーツを通じた社会貢献活動

日本新薬硬式野球部では、地域社会のスポーツ振興のため、小中学生や高校生、大学生を対象に野球の実技指導に取り組んでいます。
例年2月には、わかさスタジアム京都において、京都野球協会主催・京都体育協会共催で、京都府内の少年野球チーム約200名を対象に、「少年野球教室」が開催され、硬式野球部員が指導にあたっています。毎年11月には、「京都府高野連冬季トレーニング講習会」を開催し、京都府内の高校74校の野球部員約300名を指導にあたるなど、高校生や大学生に対して野球の技術指導や体力の向上に貢献するとともに、地域社会との交流を図っています。
また、2018年度より、本社グラウンドにて近隣の八条幼稚園の園児と、ティーボール教室を開催しています。このほか、工場所在地の小田原市や、毎年強化合宿を実施している和歌山県串本町などでも、野球教室を開催し、スポーツの普及に貢献しています。

少年野球教室の様子
ティーボール教室の様子