ウェルビーイング・健康経営

ウェルビーイング宣言

2021年10月、「健康経営」を包括する「ウェルビーイング宣言」を発出しました。
2018年、従業員とその家族の健康づくりに積極的に取り組み、職場環境と労働条件を整備し、健康経営を推進するための「日本新薬健康宣言」を制定しました。
2020年には、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、私たちの働き方は一変しました。これを機に、あらためて「健康宣言2020」を発出しました。あわせて、前川会長(当時社長)が健康宣言に込めた想いや自らの健康法を社内に発信し、従業員の健康管理に関する意識向上を図りました。
健康経営を推進するためには、従業員一人ひとりの健康リテラシーの向上が欠かせません。
一人ひとりの意識が変われば、行動が変わります。それはご家族や働く仲間にも大きな影響を与えてくれると信じ、私たちが目指す健康経営のゴール、ウェルビーイングを追求していきます。

ウェルビーイング宣言2021

~ウェルビーイング共創~

これまで日本新薬では、健康経営推進に向けて、社員と社員を支えるご家族の健康づくりに積極的に取り組んでまいりました。前川会長は「健康宣言2020」の中で、日本新薬の健康経営のゴールは、「ウェルビーイング」であり「“働きやすさ”のさらに先にある“働きがい”と“生きがい”のある会社を目指す」と宣言されました。

皆さんは、日本新薬で働く毎日に “幸せ”を感じていますか?
ウェルビーイングを実現していく主役は、他でもないあなた自身です。
会社はあなたのウェルビーイングを共に創るパートナーです。
ウェルビーイングを共創して、一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮し、イキイキと働ける会社を目指しましょう。
日本新薬が目指す「健康未来」は、イキイキと働ける会社でこそ創り出せるものです。

ここに、社員と社員を支えるご家族とのウェルビーイング共創に向けて取り組むことを宣言いたします。

2021年10月1日
日本新薬株式会社
代表取締役社長 中井亨

方針および目的

「従業員とその家族がこころも体も健やかで、職場には笑顔と活力が満ち溢れていること」の基本方針のもと、快適な職場環境を形成することで、経営理念・経営方針を実現することを目的としています。

健康経営体制

経営者との健康経営推進に関する協議のほか、健康保険組合、労働組合と健康推進室が連携し、健康経営施策全体の企画運営にあたっています。全社への浸透や各現場の声を吸い上げられるよう、ウェルビーイングサポーターを配置し、安全衛生とは異なる組織下で、ウェルビーイングについて検討しています。

健康経営体制

健康経営の推進

日本新薬では、健康診断結果や個人と集団のストレスチェック結果をもとに、従業員の健康課題を抽出しています。ハイリスク者の重症化予防はもちろんのこと、一次、二次予防にも着眼し、自らの気づきをもたらす機会としてさまざまな健康施策を行っています。

健診結果について

2017~2019年度(3ヵ年)の健診結果の詳細分析では、『肥満』・『血圧』・『血糖』などの生活習慣病関連項目のリスク者が増加していました。生活習慣の改善はもとより、定期健康診断で有所見とされた項目について、再検査を徹底し、プレゼンティーイズムやアブセンティーイズムにつながる健康問題を改善・予防していくことが必要となります。

新型コロナウイルスによる生活の変化は、弊社従業員にとっても影響がありました。2020年の分析結果によれば、習慣的な運動は減ったものの、上記リスク項目については改善傾向がみられました。働き方が変化し、健康経営に関連した情報に対しても関心が高まってきていると感じています。このような従業員の意識変化を具体的な行動につなげられないか。そんな思いで施策を展開しています。

主な取り組み

1.健康リテラシーの向上

すべての施策は従業員が自分ごとにならなければ、行動変容はおきません。生活習慣改善の習慣化を促すために複数のセミナーや情報提供をおこない、健康リテラシーの向上に取り組んでいます。

  施策 概要 2019年度 2020年度 2021年度
運動関連 ウォーキングイベント「歩活」 アプリ上でチームを組んで、歩数を競うイベント
「RIZAP」健康セミナー 日常生活の中で“明日から実践できる「食事」「運動」「習慣化」”について学ぶ機会  
健康チャレンジキャンペーン
取り組み施策例
生活習慣の改善や健康づくりに対し、自分にあわせたコースを選択し、楽しみながら参加できるイベント 12月1日~
GPSアートウォーキングイベント 地域とコラボしたGPSアプリを用いたウォーキングイベント    
食事関連 食堂にスマートミール導入 本社食堂にて、健康づくりに役立つ栄養バランスのとれた食事の提供
エイジングケア(糖化防止)セミナー 体内における糖とタンパク質の反応(糖化)がカラダに及ぼす影響だけでなく、具体的な対策についても学ぶ機会    
本社 糖化度チェック 糖化の度合いを測定
その他 健康課題に関するアンケート プレゼンティーイズムの状況を確認する調査
婦人科検診に関するセミナー 体験者の講演を聴いて、婦人科検診の大切さ、仕事との両立などを学ぶ機会  

ウォーキングイベント
「みんなで歩活」の参加者数・チーム数の推移

「みんなで歩活」の参加者・チームの推移グラフ

※2020春は新型コロナウイルスにより中止

RIZAP健康セミナーの様子
糖化度チェック
GPSアートウォーキングイベント
GPSアートウォーキングイベント

2.喫煙対策

当社は、2004年に喫煙対策を開始しました。完全分煙からスタートし、2020年10月、受動喫煙防止対策を受けて敷地内喫煙所を撤廃しました。就業時間内完全禁煙を経て、2022年9月末の喫煙率0%を目指しています。
取り組みの結果、喫煙率は年々低下していますが、2019年度から2020年度では15.1%とほぼ横ばいになりました。そこで、2021年10月から全社で「吸わんカップ2021」をスタートしました。喫煙者の禁煙意識を高め、非喫煙者の協力のもと喫煙者の卒煙を目指しています。喫煙アンケート、記念品の配布、座談会の実施や健康保険組合による禁煙治療の支援(禁煙外来費用補助、オンライン禁煙治療費用補助)などを行っています。

毎月22日は全社に向けた喫煙対策に関連した情報提供をしています。

日本新薬禁煙デー

3.疾病対策

健康診断で有所見となった従業員に対し、二次健康診断の受診勧奨を行っています。産業医が駐在する事業所では直接面談を実施し、健診後の受診を強化しています。健康保険組合では、年齢制限を設けない人間ドックの費用補助をし、二次健康診断に変わる検査として受診勧奨をしています。
2020年度の二次健康診断受診率は、前年度の横ばいではありますが、さらに全社に向けた取り組みを開始しています。

4.感染症予防対策

新型コロナウイルスの感染予防について、従業員一人ひとりが日常からできる感染予防を周知し、感染した場合のマニュアルを整備、対応フローを社内で取り決めて、明文化しています。共済会による講演では、コロナハラスメントについて従業員が学ぶ機会となりました。
また、シトラスリボンプロジェクトに賛同し、日本新薬硬式野球部が、地域の皆さんへコロナ差別をなくし住みやすい街をつくりましょうと呼びかける活動を行いました。
出勤時の業務に対応し、会議室の使用人数の制限、個別ブースやオープンスペースの整備(パーティションの設置等)をしています。緊急事態宣言下以外でもテレワークができるよう、適用従業員の拡大やネットワーク環境の整備に努めています。
さらに、感染予防の社会的な貢献のため、 2021年7月業界内でも先駆けて、新型コロナウイルスの職域ワクチン接種を実施しました。職域接種が難しい各事業所では、地域接種を積極的に活用しています。接種促進のため、特別休暇制度を設け、社内診療所にて接種後副反応のフォローアップをしています。

職域接種の様子
職域接種の様子
体温測定
WEB会議の様子

5.コミュニケーション向上

2020年度は、お互いを認め合う組織風土の向上を目指し、「称賛アプリ」を導入し、社内のコミュニケーションを活性化させるしくみを作りました。
また、ストレスチェックの集団分析の結果から、新型コロナウイルスによる将来への不安やテレワークによるコミュニケーション不足が明らかになりました。
2021年7月~全社で「1on1ミーティング」を導入し、上司と部下とのコミュニケーション活性化を目指しています。

称賛アプリ
称賛アプリのコインの例

KPI

当社では、「BMI(18.5以上25未満(標準体重)の従業員割合)」と「喫煙率」をKPIとして、健康経営を推進していきます。
この背景には、「健康宣言2020」制定時に語られた従業員とその家族の健康に対する社長の想いや生活習慣病リスクの低減に本気で取り組んでいく会社の姿勢を示しています。

社外からの評価

健康経営優良法人~ホワイト500~

2021年、経済産業省と日本健康会議が共同で選ぶ「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。当認定は、2019年に続き2回目となります。

スマートミール

「健康な食事・食環境」コンソーシアムにより、2019年より連続認定されました。

スポーツエールカンパニー

2020年取得。スポーツ庁により認定されました。

健康経営優良法人ホワイト500ロゴ
スマートミールロゴ
スポーツエールカンパニーロゴ