ウェルビーイング・健康経営

ウェルビーイング宣言

2021年10月、「健康経営」を包括する「ウェルビーイング宣言」を発出しました。
2018年、従業員とその家族の健康づくりに積極的に取り組み、職場環境と労働条件を整備し、健康経営を推進するための「日本新薬健康宣言」を制定しました。
2020年には、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、私たちの働き方は一変しました。これを機に、あらためて「健康宣言2020」を発出しました。当宣言を発出した際には、前川会長(当時社長)に、健康宣言に込めた想いや自らの健康法を語っていただき、社内に発信することで、従業員の健康管理に対する意識向上を図りました。
健康経営を推進するためには、従業員一人ひとりの健康リテラシーの向上が欠かせません。
一人ひとりの意識が変われば、行動が変わります。それはご家族や働く仲間にも大きな影響を与えてくれると信じ、私たちが目指す健康経営のゴール、ウェルビーイングを追求していきます。

ウェルビーイング宣言2021

~ウェルビーイング共創~

これまで日本新薬では、健康経営推進に向けて、社員と社員を支えるご家族の健康づくりに積極的に取り組んでまいりました。前川会長は「健康宣言2020」の中で、日本新薬の健康経営のゴールは、「ウェルビーイング」であり「“働きやすさ”のさらに先にある“働きがい”と“生きがい”のある会社を目指す」と宣言されました。

皆さんは、日本新薬で働く毎日に “幸せ”を感じていますか?
ウェルビーイングを実現していく主役は、他でもないあなた自身です。
会社はあなたのウェルビーイングを共に創るパートナーです。
ウェルビーイングを共創して、一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮し、イキイキと働ける会社を目指しましょう。
日本新薬が目指す「健康未来」は、イキイキと働ける会社でこそ創り出せるものです。

ここに、社員と社員を支えるご家族とのウェルビーイング共創に向けて取り組むことを宣言いたします。

2021年10月1日
日本新薬株式会社
代表取締役社長 中井亨

方針および目的

「従業員とその家族がこころも体も健やかで、職場には笑顔と活力が満ち溢れていること」の基本方針のもと、快適な職場環境を形成することで、経営理念・経営方針を実現することを目的としています。

健康経営体制

経営者との健康経営推進に関する協議のほか、健康保険組合、労働組合と健康推進室が連携し、健康経営施策全体の企画運営にあたっています。全社への浸透や各現場の声を吸い上げられるよう、ウェルビーイングサポーターを配置し、安全衛生とは異なる組織下で、ウェルビーイングについて検討しています。

健康経営体制

健康経営の推進

健康に関する施策は、健康意識を高めて本気で自分のこととして取り組まなければ、行動変容にまでつなげることは困難です。
当社では、健康意識向上の気づきの機会として、また生活習慣見直しの習慣化を促す機会として、さまざまなセミナーや体験型イベントなどを実施しています。

健康リテラシーの向上

すべての施策は従業員が自分ごとにならなければ、行動変容はおきません。気づきの機会として、また生活習慣の改善の習慣化を促すために複数のセミナーや情報提供をおこなっています。

開始時期 施策 概要
2016年 ウォーキングイベント「歩活」 アプリ上でチームを組んで、歩数を競う
2019年 健康ストレッチ教室 「眼精疲労」「肩こり」に有効なストレッチを学ぶとともに、実技も体験
食堂にスマートミール導入 全社ウォーキングイベント(2回/年)
「ライザップ」健康セミナー 健康に対する意識の向上、生活習慣の改善などを目的として、日常生活の中で“明日から実践できる「食事」「運動」「習慣化」”について学ぶ機会とした
健康チャレンジキャンペーン 生活習慣の改善や健康づくりに対し、自分にあわせたコースを選択し、楽しみながら参加できるイベント
2020年 エイジングケア(糖化防止)セミナー 体内における糖とタンパク質の反応(糖化)がカラダに及ぼす影響だけでなく、具体的な対策についても学ぶ機会とした
本社 糖化度チェック 糖化の度合いを測定
「ベジチェック」 野菜摂取の充足度を測定
健康課題に関するアンケート プレゼンティーイズムの状況を確認する調査
婦人科検診に関するセミナー 体験者の講演を聴いて、婦人科検診の大切さ、仕事との両立などを学ぶ機会とした

ウォーキングイベント
「みんなで歩活」の参加者・チームの推移

RIZAP健康セミナーの様子
ストレッチセミナーの様子
糖化度チェック

喫煙対策

当社は、2004年に喫煙対策を開始しました。完全分煙からスタートし、2020年10月には、就業時間内は完全禁煙とし受動喫煙防止対策も含め、物理的禁煙推進環境を整備し、2022年9月末には、喫煙率0%を目指しています。
2017年度から2019年度にかけて喫煙率は徐々に低下しているものの、40歳以上では18.1%と高止まりしています。さらなる卒煙推進のため、禁煙治療の支援(禁煙外来費用補助、オンライン禁煙治療費用補助)などに取り組んでいます。

生活習慣改善

定期健康診断の結果で「要治療」または「要精密検査」との所見があった従業員が、二次検診により詳細な検査を受けず、適切な治療につながらなかったために重症化したケースも見受けられます。
2017~2019年度(3ヵ年)の健診結果の詳細分析では、『肥満』・『血圧』・『血糖』などの生活習慣病関連項目のリスク者が増加していることが判明しました。また、リスクがあっても医療機関を受診していないケースも見受けられます。生活習慣病は自覚症状がない場合も多いため、健康診断以外にも気づきの機会として、機能食品カンパニーと共同で「糖化」をテーマとしたエイジングケアセミナーを開催するなど、生活習慣改善につながる施策を講じています。

判定基準 2017年度 2018年度 2019年度
BMI[普通] BMI 18.5以上25未満 65.8% 65.2% 66.2%
非喫煙 検診時問診票(喫煙の有無) 80.6% 81.4% 83.6%
血糖値[正常域] 健診項目の判断基準
(厚生労働省)
82.0% 81.7% 81.0%
血圧[正常域] 76.8% 75.5% 76.7%
脂質[正常域] 49.9% 48.2% 46.5%
肝機能[正常域] 72.0% 72.1% 70.6%
メタボリック
シンドローム
[非該当]
特定保健指導該当者の定義 78.5% 79.2% 79.8%
運動習慣[あり] 健診時問診票
(30分以上軽運動 週2日以上1年以上)
25.9% 29.2% 31.5%

感染症予防対策

新型コロナウイルス関連の施策については、従業員一人ひとりができる感染症対策の徹底を周知し、さらには感染が疑わしい時の対応や出社時の判断を明確に示して感染が拡大しないような対策を実施しています。
また、職場で感染が判明した時の対応マニュアルを作成し、従業員全員に貸与している業務用携帯電話へのCOCOAのインストールをはじめ、テレワークの適用範囲やネットワーク回線の拡大、出社時は、密を避けて仕事に集中できるよう、会議室に飛沫拡散防止のアクリル板の設置、食堂をリノベーションするなど、労働環境の改善にも努めています。

体温測定
WEB会議の様子

KPI

当社では、「BMI(18.5以上25未満(標準体重)の従業員割合)」と「喫煙率」をKPIとして、健康経営を推進していきます。
この背景には、「健康宣言2020」制定時に語られた従業員とその家族の健康に対する社長の想いや生活習慣病リスクの低減に本気で取り組んでいく会社の姿勢を示しています。

社外からの評価

これまで、労働安全衛生の活動を基本に、長時間労働対策のほか、メンタルへルスケアの早期対応、働き方の見直しなどを行ってきましたが、あらためて健康宣言を社内外に表明するとともに、さらに取り組みを強化し、2021年は経済産業省と日本健康会議が共同で選ぶ「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。当認定は、2019年に続き2回目となります。