サステナビリティの考え方

考え方・基本方針

日本新薬グループは、経営理念「人々の健康と豊かな生活創りに貢献する」に基づき、「ヘルスケア分野で存在意義のある会社」として持続的に成長するとともに、地球環境や社会課題解決を経営の重要事項として捉え、持続可能な社会の実現に貢献します。

CSR基本方針

日本新薬グループが目指す姿は「ヘルスケア分野で存在意義のある会社」です。その目指す姿を実現するために、経営理念である「人々の健康と豊かな生活創りに貢献する」ことを信条とし、経営方針、すなわち「高品質で特長のある製品を提供する」「社会からの信頼を得る」「一人ひとりが成長する」ことの実践によって社会とともに持続的に発展することが、日本新薬グループのCSRであると考えます。 日本新薬グループは、この考え方に沿って継続的に事業活動を行うことをCSR基本方針とし、広く社会に貢献していきます。

個別ステークホルダーに対する行動方針

日本新薬グループは、自らが考えるサステナビリティを推進するためには、事業活動を取り巻くさまざまなステークホルダーの期待に応えることが肝要であると考えています。この考え方を具体的に示すために、「患者さん」「取引先」「ユーザー」「株主・投資家」「従業員」に加え、ステークホルダー全般に関わり得る「社会」「環境」との関わり方についてコーポレートガバナンス基本方針に掲載しています。

個別ステークホルダーに対する行動方針イメージ図

サステナビリティ推進体制

日本新薬グループでは、より積極的にサステナビリティの推進を図るため、2022年1月に代表取締役社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を設置しました。
本委員会は年2回開催し、サステナビリティ推進のための計画策定およびマテリアリティの検討やマテリアリティに対する目標・取り組みの進捗状況の確認を行い、取締役会に報告、提案しています。重要な事項については取締役会で審議、決議を実施します。

サステナビリティ推進体制図