安全衛生

労働安全衛生方針

当社グループで働く全ての従業員(委託先、その他の関係者を含む)の安全と健康を確保し快適な職場環境を整備することを定め、管理体制の強化、全社での安全衛生委員会の開催など、労働災害防止対策や職場環境の安全衛生確保に取り組んでいます。
各事業場での安全衛生委員会の議事録を全社に公開するなど、職種による活動内容の違いはあるものの、基本的な安全衛生活動に加えて、「健康経営」の観点から安全衛生の課題に取り組み、職場で働く全ての人の心身の健康と安全を図るとともに、働きがいのある職場環境づくりを目指しています。
安全衛生委員会では、各工場の労働安全に対するリスク評価を毎年実施しています。例えば、研究所においては様々な化学物質を取り扱っていますが、その中でも、一定の危険性・有害性が確認されている化学物質については、労働安全衛生法に則って、労働災害防止のため適宜リスクアセスメントを実施しております。

目標

  • 1.死亡災害および休業4日以上の労働災害ゼロ
  • 2.労働災害度数率の対前年比減
業務上災害件数
  度数率
2018年度 2019年度 2020年度
日本新薬 1.87 0.00 0.00
日本の全産業平均
(全産業平均との差)
1.83
(+0.04)
1.80
(-1.80)
1.95
(-1.95)
日本の化学産業平均
(化学産業平均との差)
0.90
(+0.97)
0.94
(-0.94)
0.93
(0.93)
  • ※度数率 = 労働災害による死傷者数 / 延べ実労働時間数 × 1,000,000

体制

体制

取り組み

メンタルヘルス

従業員が生き生きと働くためには、ストレスが原因となるメンタルヘルス問題への対策が重要であるとの考えのもと、2003年以降毎年、全従業員を対象にストレスチェックを実施しています。導入当初は、セルフケアの一環としてメンタル疾患の早期発見、早期対応を目的に実施していましたが、2006年以降は、その組織分析結果を用いたラインケア研修により、特に本社以外の事業所へのフォローを強化してきました。これにより、管理職のメンタルヘルスへの対応レベルが向上し、不調者にも早期に対応できる仕組みが構築されました。
今後は、新型コロナウイルスの影響により激変した新しい働き方にも対応できるよう、従来とは異なるサポートの導入も検討しています。

主な取り組み

  • ストレスチェック分析結果をもとに職場改善活動
  • 休職者フォロー
  • 出社訓練プログラムの実施

ストレスチェック受検率

ストレスチェック受検率
4つのケア 4つのケア

研修

日本新薬グループでは、健康と安全をテーマとした研修を実施しています。

研修名 対象 回数 人数
コンプライアンス研修 全従業員 1回/年 約2400名
メンタルヘルス研修 マネージャー 1回/年 約400名

ハラスメント対策

マネージャーや嘱託従業員を含む全従業員を対象として、日本新薬グループのハラスメント防止の基本方針を確認するとともに、ハラスメントに対する正しい知識を身に付けることで、ハラスメントのない職場環境を構築するための研修を実施しました。さらにマネージャーに対しては、ハラスメントの正しい知識を理解し、相談しやすい環境、心理的安全性の高い環境づくりを目指した研修を実施しました。グループ会社の相談窓口担当者研修も実施し、相談体制の強化もはかっています。