この画面を印刷する

当社のニュースリリースには医療用医薬品や開発品に関する情報が含まれている場合がありますが、これらは当該品のプロモーション、広告、医療上のアドバイスを目的としたものではありません。

2020年10月26日

第12回日本新薬こども文学賞 制作絵本 「十二支はたいへんです」が完成

 日本新薬株式会社(本社:京都市南区 社長:前川重信)は、第12回「日本新薬こども文学賞」において絵と物語を全国から広く募集し、応募のあった作品からそれぞれの最優秀賞を決定して絵本の製作を進めてまいりましたが、このたび完成しましたのでお知らせします。


完成した絵本「十二支はたいへんです」は、物語部門の応募1,173点の作品から最優秀賞を受賞された梶田向省さん(12歳:長野県在住)の物語に、絵画部門の応募277点のなかから最優秀賞(受賞作品名:「夜の森へ」)を受賞した花原淳子さん(62歳:大阪府在住)に絵をつけていただきました。



10月24日開催のオンライン表彰式にて

 絵本完成にあたり、10月24日(土)にオンライン表彰式を開催しました。今回、厳正な審査をしていただいた選考委員を代表して山本省三様は「絵本の創作は相手の気持ちを思いやることから始まります。今は、新型コロナウィルスで人と人との距離を取ることが求められていますが、絵本創作は、心と心の距離を縮める作業であり、相手を思いやる力を磨くことにもつながります。本日は、直接皆さんにお会いしてお祝いの言葉をおかけしたかったのですが、このような表彰式も、かえって思い出として強く残るかもしれませんね。受賞者の皆さん、本当におめでとうございます」と受賞者にお祝いの言葉を述べられました。

 製作した20,000冊の絵本は、小児科医院を中心とした全国の医療機関や図書館などの公共施設のほか、京都市や小田原市など当社にゆかりのある自治体を通じて、広く子どもたちのもとに届けられます。

「日本新薬こども文学賞」は、子どもたちの“ゆめ”を彩り、健やかな“こころ”の成長を見守りたいとの願いから、日本児童文芸家協会の後援を得て、会社創立90周年にあたる2009年に創設しました。

当社では、子どもたちに向けた活動に積極的に取り組んでいます。その一つである本活動を通じて、未来を担う子どもたちをこれからも応援していきたいと考えています。


●絵本の概要

      

絵本『十二支はたいへんです』

 新しい年のはじまりに、干支のねずみのねずおはため息をつきます。「もういやだ!」「ふつうのねずみとしてのんびり暮らしたい」そんな気持ちで神様のもとをおとずれるのですが…

文:梶田 向省
絵:花原 淳子

体裁:24×18cm、本文18ページ、4色刷り(非売品)
絵本は、「日本新薬こども文学賞」のWEBサイトでも読み聞かせの音声付で閲覧できます。


【絵本の贈呈などの問い合わせは下記まで】
日本新薬株式会社 ESG・内部統制推進部「日本新薬こども文学賞」係
TEL:075-321-9177 


                                           以上  

日本新薬について

ピックアップ

デュシェンヌ型筋ジストロフィー
デュシェンヌ型筋ジストロフィーに関する情報をわかりやすく紹介しています。
肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。
知ってる?強皮症の合併症 息切れとPH
強皮症と強皮症に伴って発症する肺高血圧の情報サイトです。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、ED治療薬の適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト