この画面を印刷する

グローバル展開

日本新薬では、世界50カ国、160社以上の企業と業務上のつながりを持ち、グローバルな視点でビジネスを展開しています。
〔医薬品部門〕
海外の大手製薬企業やベンチャー企業、大学の研究機関等を対象とした、新規化合物の導入や自社開発品の導出、また、原薬・中間製品の輸入や原薬・製品の輸出など
〔機能食品部門〕
海外食品メーカーからのたん白素材、健康食品素材や食品添加物原料などの輸入や、健康食品素材、食品添加物製品(品質安定剤、スパイスなど)の輸出など

グローバルビジネス総合Map画像

※地図をクリックすると国名が表示されます

▼ NS Pharma, lnc.

NS Pharmaは、米国の医薬品企業やベンチャー企業、研究機関から研究開発情報等を収集するとともに、日本新薬が創薬した医薬品候補品の早期開発をめざすことを目的に、子会社として1999年7月1日に設立されました。
現在、ニュージャージー州パラマス市に拠点を構え、日本新薬が創薬した新薬の北米における臨床開発を推進するとともに、欧米におけるライセンス活動の拠点としてグローバルな連携業務を担っています。

NS Pharma, Inc.外観 の画像
NS Pharma, Inc.社名
140 East Ridgewood Avenue, Suite 280S,
Paramus, NJ 07652 U.S.A
TEL +1-201-986-3860
FAX +1-201-986-3865
取締役社長 田中 次男
NS Pharma, Inc. Webサイト

▼ 北京事務所

日本を含む先進諸国の医薬品市場が伸び悩むなか、中国をはじめとする新興国の医薬品市場には、今後も大きな成長が期待されています。
北京事務所では、現地提携会社との連携を強化するとともに、中国での医薬品関連情報の収集や新規投入品目の調査・検討を通じて、日本新薬製品を介した現地医療への更なる貢献を実現させていきたいと考えています。

北京事務所の画像
Beijing Representative office
3015, Changfugong Office Building,
No.26, Jian Guo Men Wai street,
Chaoyang District, Beijing, 100022,
China
TEL:+86-10-6527-8688
FAX:+86-10-6212-0903
代表者:桑原健誌

▼ ロンドン事務所

2012年4月1日より、欧州の拠点を、ドイツ・デュッセルドルフから欧州における医薬品行政の中心地であるイギリスのロンドンに移転し、「ロンドン事務所」として活動を開始しています。当事務所では、日本新薬が創薬した新薬の欧州での導出先の探索や開発支援を行っています。また、欧州企業が開発した有望な医薬品を日本に導入するための情報収集活動も行っています。

ロンドン事務所所在地 の画像
London Office
Building 3, Chiswick Park 566,
Chiswick High Road, Chiswick,
London, W4 5YA, UK

日本新薬について

ピックアップ

デュシェンヌ型筋ジストロフィー
デュシェンヌ型筋ジストロフィーに関する情報をわかりやすく紹介しています。
肺高血圧症サポート
肺高血圧症の患者さんの治療と明るい未来をサポートします。
知ってる?強皮症の合併症 息切れとPH
強皮症と強皮症に伴って発症する肺高血圧の情報サイトです。
アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の治療に対する理解を深めることができる情報サイトです。
おしえて生理痛
つらい生理痛から開放されたいあなたを応援します。
EDケア サポート
EDの理解から治療に関する情報と、ED治療薬の適正使用まで
おはなのおなやみ
花粉症とアレルギー性鼻炎の情報サイト